査定金額が変わる

シーズン毎に流行や移り変わりが激しい洋服やバック、どんどん増えますよね。そういう時はZOZOやブランディアに売ること考えている方も多いようですが、皆さんは不要になった洋服や小物はどうしていますか?使い古したものは処分す るとしても、まだ使えそうなものを好みが変わったから、とかで捨てるのはもったいない気がしますよね。私はまだ綺麗だけど着ない古着はリサイクルショップ で買い取り処分をしてもらってます。リサイクルショップのシステムもいろいろありまして、重量によって金額が決まるところや質で値段が変わるところなど、 お店によってまちまちですがニーズに合わせて上手く使い分けるといいです。

私の場合は普段着が主でプチぷらの品ばかりですので普段は従量制のリサイクル ショップを利用しています。従量制の中でも使用感や流行から外れていないかどうかなどによって査定金額が変わってきます。私の利用しているところは使用感 の少ない物はキロあたり10円、その他汚れや使用感があるものは再生布として利用するためキロ5円で買い取りしています。量がないと大した値段にはなりま せんが、捨てるはずのものを再生して頂けるのでエコにもつながりますよね。タグがついている品やブランド品を多く持っている方は従量制のところだと新品同 様でもキロ単価以上には加味されませんので1つ1つを査定して金額をだしてくれるショップを利用されるといいと思います。
商品の状態にもよりますが状態のい いものだと思いのほか高値がつくことがあります。不用品の処分でエコにもなってプチおこずかいにもなるなんて素敵ですよね。従量制のお店は量が勝負となり ますので、シーズン毎にある程度の量がまとまってから持ち込むといいと思います。洋服1つ1つは大した重さではないかなと思ってもまとまると結構な重さに なるので、駐車場が完備しているところや、お店によっては買い取り持ち込みの方専用にお店の入口近くの駐車スペースを確保しているお店もありますので、ど こに持ち込もうかなと迷ったときにはその辺りも考慮してみるといいかと思います。

今自治体によっては布や古着の処分回収が厳しい地域もありますので、長く 愛用していた品だからこそ手放すときも大切に、最後まで使い切りたいですよね。洋服の整理整頓を考える時にはぜひ地球にやさしい方法で処分を検討してみて はいかがでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ